扉を閉ざしたニューヨーク———–
移民の青年との出会いと”ジャンベ”の響きが
孤独な大学教授の心の扉を開く。

扉をたたく人
ストーリだけ聞くと、心温まる癒し映画だと期待!?して
久しぶりの映画鑑賞にでかけました。

日本人にはなじみが薄い移民についてと9.11以降のアメリカ。
ハッピーエンドではない結末。
ラストシーンの”ジャンベ”の響き。

期待を裏切られ、いろいろと考えさせるいい作品でした。


ちなみに京都シネマ初めて行きましたが
人の温かみを感じるアナログ感が気に入りました。

ポップコーンの無い映画もいいもんです。